2012年12月01日

院長のおはなし

助産師科の学生さんの実習が無事終了しました

Dscf8195 7月から始まっておりました福岡水巻看護助産学校の助産学科の学生さんの実習が、先日無事終了しました。
当院では計8名の実習生を担当しました。
小倉看護専門学校の看護学生さんの実習はもう何年もやっておりますが、助産学科の学生さんの実習を受け入れるのは今年が初めてでした。
初めてでわからないことが多かった上に、実習の内容が実戦そのものの非常に濃いものでしたので、当院のスタッフには本当に大変な苦労をかけたと思います。
それをいつも通り明るく楽しくやりとげてくれました。
我々のスタッフのポテンシャルの高さをあらためて感じ、とてもたのもしく誇りに思いました。
ありがとうございました。

実習生を受け入れて下さった妊婦さんの方々、本当にありがとうございました。
正直実習生を拒否される方もおられるかと心配しておりましたが、今回そのような方はひとりもおられませんでした。
また実習後も実習生に感謝と激励の言葉はたくさん頂きましたが、苦情はひとつもありませんでした。
みなさんの御理解と御厚意にあつく御礼申し上げます。

そして実習生の皆さん、お疲れさまでした。
プロスポーツの世界ではよく“素直な選手はよく伸びる”と言いますが、これは医療の世界でも同じと思います。
皆さん本当に素直で一生懸命でした。
お陰で私も初心に帰ることができ、毎日とても新鮮でした。
これからも素直さと一生懸命さを忘れずに頑張ってください。
まずは目の前の国家試験、実習と同じように仲間と励まし合って乗り切ってください。

最後にとてもうれしいお知らせです。
なんと今回の実習生の中から2名、来春みちおかレディースクリニックに就職してくれることが決定しました。
前途有望な若い新戦力です。
大切に時には厳しく育てます。
当院の先輩たちと明るく楽しく仕事をしましょう。
一緒に頑張りましょう。

                 

 院長 道岡 亨