2018年1月12日

キッチンのおはなし

みちおかごはん 鏡開き2018

P1120117


小寒を過ぎたあたりから、一段と厳しい寒さが続くようになりましたね。
体調管理など、特に気を付けたい時期です。
1月11日は、鏡開きでした。当院では、昼食時にぜんざいをお出し致しました。
鏡開きとは、正月中にお供えしていた鏡餅を下げ、割って食べるならわしです。

開いたもちを食べると、その年を無病息災で過ごせると伝えられています。また、ぜんざいの材料である小豆は、古くから魔よけの力があるとされています。
栄養豊富で、ビタミンやミネラルが含まれ、 外皮には、サポニンと呼ばれる成分で、デトックス作用があるとされています。
身体にやさしいぜんざいを食べて、寒中を元気に過ごして行きましょう。
(キッチン 宮島敦子)