2018年1月29日

キッチンのおはなし

みちおかごはん「うぐいす餅」

P1120183


先週から各地で今季最強の寒波に襲われ、寒さの厳しい日が続きますね。
皆さまは風邪などひかれておりませんか?防寒対策をしっかりしてまだまだ厳しい寒さを乗りきっていきましょう。
私事ですが、最近山歩きを始めました。落ち葉の中から春の訪れを探しながら歩くのはとても心が弾みます。

そこで、今回は気持ちだけでも春を感じていただけますようにと「うぐいす餅」をご紹介させていただきます。

「春告げ鳥」とも言われる「うぐいす」は、梅の咲き始める頃に「ホーホケキョ」と可愛らしい声で鳴き始めます。
名前の通りうぐいすをモチーフとした和菓子で、本来はうぐいす粉と呼ばれる青大豆のきな粉をまぶし、緑がかった色で仕上げますが、最近ではよもぎを生地に混ぜたり、きな粉をまぶしたりしています。
見た目も可愛らしいうぐいす餅を食べて春を先取りしてみてはいかがでしょうか。

(キッチン 大森雪子)