2018年8月20日

キッチンのおはなし

みちおかごはん「ぶどう」

P1130462


8月も残り2週間となりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。みなさまは夏の思い出は作れたでしょうか?
私は友人と海で楽しくバカンスを過ごす事ができました。思った以上に日焼けしてしまい、肌がヒリヒリしています。
そして最近、遅番の帰りには虫の音が聞こえ、秋が近づいてきているなと感じました。
そこで今回は秋にかけて美味しくなる「ぶどう」をご紹介します。

甘みと果汁がたっぷりのぶどうは糖質が主成分です。体内ですばやくエネルギー源になるので疲労回復が早まります。
よく耳にする「ポリフェノール」は頭がボーッとしたり、物忘れなどの脳機能の低下を防止したり、シミやシワなどの原因から美肌を守ってくれます。
・ぶどうのコンポート(巨峰)
ぶどう 200g
グラニュー糖 30g
水 300cc
レモン汁10cc
作り方
①種無し巨峰の皮と実に分ける。
②皮はお茶パックに入れる。
③鍋に①と②を一緒にぶどうの色が出るまで煮込み、お茶パックは取り出す。

・豆乳ヨーグルトムース 4個分
ゼラチン 5g
水 25g
砂糖 37g
牛乳 140g
ヨーグルト 110g
豆乳クリーム 150g(7分立て)
①ゼラチンは分量の水でふやかす。
②砂糖と牛乳を鍋にかけて沸騰直前で火を消しゼラチンを溶かす。
③ヨーグルトと7分立てした豆乳クリームを冷めた②に加えて混ぜる。
④器に流し冷やし固める。

・白ぶどうジュースのジュレ
白ぶどうジュース 200cc
ぶどうのシロップ 20cc
ゼラチン3g
水15g
①ゼラチンは分量の水でふやかす。
②白ぶどうジュースとぶどうのシロップを鍋に入れ沸騰直前で火を消しゼラチンを入れる。
③粗熱が取れたら器に流し、冷蔵庫で冷やす。
ぶどうのシロップはコンポートの煮汁を使用しています。
是非お子様と作られてはいかがでしょうか。
(キッチン 栄養士 田村美紅)