2018年10月10日

キッチンのおはなし

みちおかごはん「かぼちゃ」

P1130874


朝晩の風が心地よく、虫の声は深まる秋を感じさせてくれますね。
庭先のキンモクセイも、甘い香りを放ち、癒しを与えてくれています。
これからの季節、湿度の低下で乾燥しがちです。体が変化に追い付けず、体調を崩しがちです。
こまめに水分を取り、のどを潤すなど風邪予防に努めましょう。

今回は、これから美味しくなるかぼちゃをご紹介させていただきます。
かぼちゃの収穫時期は夏ですが、水分が多くさらっとした甘味です。

低温の室内で、じっくりと時間をかけてでんぷんを糖化させることで、ほくほくで甘味が強くなるそうです。
カットして使いきれない時は、蒸して裏ごしたものを冷凍保存することをお薦めします。
裏ごしたかぼちゃを使い、プリンとヨーグルトを使ったヘルシーチーズケーキを作ってみました。
秋の味覚をお楽しみいただければと思います。

かぼちゃプリン
(材料)
カラメル
 砂糖  100g
 水   100g
かぼちゃペースト 150g
牛乳 200cc
砂糖 45g
卵 2個
(作り方)
 まず、カラメルを作る
 鍋に砂糖と水を入れ、火にかけて、茶色になったら水大さじ2杯を加えて、お好みのプリン容器に流し入れる。
次に、プリン液を作る。
鍋に牛乳と砂糖を入れ、火にかけ砂糖を溶かす。
冷めたらかぼちゃペーストと卵を加え混ぜ合わせて裏ごす。カラメル入りの容器に、流し入れる。アルミホイルでふたをして、蒸す。

かぼちゃスフレチーズケーキ
(材料)
卵白 2個分
砂糖 45g
卵黄 2個分
砂糖 45g
プレーンヨーグルト 200g
かぼちゃ 100g
牛乳、コンデンスミルク各大さじ2
薄力粉 40g
(作り方)
ヨーグルトは一晩冷蔵庫で、脱水して200gにする。
卵白に、砂糖を2~3回に分けて入れながらメレンゲを作る。
卵黄に砂糖をすりまぜ、脱水ヨーグルトとかぼちゃペーストを加えながら混ぜる。
メレンゲを2~3回に分けて混ぜる。
型に生地を流し入れ、大きめのバットに型を並べ、湯をバットの半分くらいまで入れ、170度のオーブンで、20分ほど焼く。

今年のハロウィンは、手作りのかぼちゃスイーツで、楽しまれてはいかがでしょうか。
(キッチン 宮島敦子)