2018年12月03日

スタッフのおはなし

『魔界転生』観てきました!

20181203011


今年も最後の月、12月(師走)になりました。
毎年、毎年あっという間に時間が過ぎていくことに驚きます。
皆様、今年一年やり残したことはありますか?
私は沢山あります…(笑)残り1ヶ月で出来るのでしょうか!?
やり残したことは沢山ありますが、行きたいと思っていた『博多座』で、観たいと思っていた『魔界転生』を観ることが出来ました!
30分休憩を挟んで約4時間という長時間の舞台でしたが、堤幸彦さんの演出と言うこともあり、終始飽きることなく物語に引き込まれていきました。

20181203021


笑いあり、涙あり、殺陣も凄くて、俳優さんたちの演技を肌で感じることが出来、本当に充実した時間を過ごすことが出来ました!
もう一度観に行きたいと思える作品でした☆ 博多座の楽しみと言えば、幕間のお弁当。
北九州市で有名なお寿司屋「竹本」監修のお弁当をいただきました(^ー^)
あまりに美味しそうだったので、写真に撮るのを忘れており、食べ終わって、その事に気付いた程です…(^ー^;A
大満足な1日でした。
さて、 今回紹介する絵本は『サンタクロースと小人たち』(偕成社 作:マウリ=クンナス)です。
サンタクロースは、どんなところに住んでいるのか、どうやって世界中にプレゼントを用意しているのか…誰しもが一度は気になる夢のあるお話です。
もうすぐクリスマス☆楽しみですね!

20181203031


もう一冊は、『てぶくろ』(福音館書店 絵:エウゲーニー・M・ラチョフ)です。
おじいさんが森の中で手袋を落とすのですが、ねずみ、かえる、うさぎ、きつね…沢山の動物たちが手袋の中に住んでいくと言うお話です。小さい頃、子どもながらに、おじいさんの手の大きさはどれくらいなのか気になって仕方なかった絵本です(^ー^)
良かったら読んでみられてくださいね。
何かと忙しい年の暮れになりますが、風邪などひいたりせず、お身体ご自愛ください。

(受付事務 赤尾里香)