2019年4月16日

キッチンのおはなし

みちおかごはん「いちごのデザート」

P1140889


桜の花も散り、葉桜の季節を迎えました。
今回は、旬まっただ中でお手頃な価格になりました真っ赤な“いちごのデザート”をご紹介させていただきます。
いちごは1日に必要なビタミンCは、中粒なら7粒で摂取できるそうです。
風邪予防に疲労回復、肌荒れなどに効果てきです。
また、虫歯予防にやくだつキシリトール、フラボノイドなども多く含まれています。
デザートに使用しましたいちごは、福岡県産のあまおうです。
大粒で糖度が高くほどよい酸味があります。

いちごもち
(材料)
白玉粉70g
薄力粉30g
砂糖30g
水120cc
粒あん(市販品でも)
ヨーグルト(水切り)
いちご
(作り方)
①ボールに水と砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜます。粉をあわせてザルでふるって加えます。ダマがなくなるまでしっかり混ぜます。
②160度に温めたホットプレートに薄く油をひき、生地を円形に広げます。(フライパンの場合は、弱火で温めて焼きます。)
大きさは、直径10cm位で6枚焼けます。
表面が乾燥してきましたら裏返して焼きます。
③ヨーグルトは、一晩水切りをします。水分が切れて約半量になりましたら、ボールに移します。ハチミツやメープルシロップを加えて、お好みの甘さに整えて泡立て器でホイップします。
④焼き上がった生地に、粒あん、ヨーグルトクリーム、いちごをのせて、生地を半分に折ってできあがりです。
いちごとヨーグルトクリームで、パンにサンドしていただいても美味しいです。

米粉いちごゼリー
(材料)
米粉18g
牛乳300cc
砂糖45g
粉寒天小さじ3分の2
いちごピューレ
いちご150g(半量は仕上げよう)
レモン汁小さじ1
グラニュー糖大さじ3(仕上げよう)
(作り方)
①いちごは洗ってへたを取り、レモン汁と一緒にミキサーにかけピューレ状にします。裏ごしてもよい。
②いちごの半量にグラニュー糖を混ぜ合わせておきます。(仕上げようです。)
③鍋に牛乳、砂糖、粉寒天を入れ、米粉を茶こしでふるい入れ、2、3分ゆっくり煮ます。
③とろみがついてきましたら、半量のいちごピューレを加えてよく混ぜます。
器に流し、冷やします。
仕上げようのいちごピューレをかけて、できあがりです。
低カロリーで、もちもちとジューシーなスイーツです。

ゴールデンウィークも間近になりました 。気候の変化に気を付けて、体調を整えて楽しまれて下さい。

(キッチン菅原三枝子)